SONY a7S3でXAVC S-I 4Kを選択した時に出るエラーの意味と回避方法

2020年10月5日

SONY a7s3でXAVC S-I 4Kを使うときに出る警告メッセージと内容とその回避方法について。

エラーメッセージの内容

Cannot record in this recording setting.
Either switch to a memory card higher than SDXC V90 or memory card higher than CFexpress VPG200, or change the file Format.
Slot1

この記録設定では記録できません。
SDXC V90より上位のメモリーカードまたはCFexpressVPG200以上のメモリーカードに切り替えるか、ファイル形式を変更してください。
スロット1

  • XAVC HS 4K (Long GOP: H.265)
  • XAVC S 4K (Long GOP: H.264)
  • XAVC S HD (Long GOP: H.264)
  • XAVC S-I 4K (ALL-Intra: H.264)
  • XAVC S-I HD

XAVC S-I 4Kはオールイントラなので編集時にエンコードの負荷が軽減されて編集動作が軽くなる(電気代も安くなる)のですが、このモードを使用するには次のどちらかの規格以上のメモリーカードを使う必要があります。

  • SDXC V90
  • CFexpress VPG200

ドリキンさんも同じ症状に合っていました。

SDXC V90以上

SDXC以上として使用可能な規格は2種類あります。

  • SDXC
  • SDUC

SDUCでも稼働するはずですが、SDUCは2 TB以上の規格なので現実的にありえません。また、パナソニックからrp-sducというのが出てますがこれはあくまでもSDXCやSDHC規格です。

V90は、連続書き込み速度の最低速度90 MB/sを保証する製品です。V90~V6まで有って、V90は現時点では最高クラスです。

4K120pを撮らないならSDXC V90で良い

SDXC V90

XAVC S-I 4Kは撮れるけど、4K120pやFHD240pが撮れない

CFexpress VPG200

どのモードでも撮れる

Sony a7S3でALL-I 4K 60pまでしか撮らないのであればCFexpress Aカードでなくとも、SDXCでも稼働しますからSDXC V90を買えばいいでしょう。何なら、別にALL-I(XAVC S-I 4K)で撮らないのであればお手持ちのSDカードでも記録は可能なので、わざわざV90のSDカードに買い換える必要すらありません。従来のカードを使って別のモードで記録すればいいだけです。(一部ではV60で対応できるモードがあります)

ただしその場合は別の形でコストを払うことになります。

  • PCでの動画編集時に負荷がかかる

  • グラフィックボードも高スペックが要求される

  • PCの電気代も高くなる

  • PCスペックが不足する場合は新しいプロジェクトの度に最適化メディアやプロキシ生成で時間を使う(待ち時間が発生する)

  • 記録時にデータは圧縮されるので、動画の画質が低下する

などなど。なので、どっちを取るかですよね。

SDXC V90を使う2つのメリット

  • 4K60pをXAVC S-I 4K (ALL-Intra: H.264)で録画できる
  • ALL-Iで撮ると、動きのある映像での描画が綺麗になる

詳細はこの動画の前半で述べられています。

現状ではSDXC V90がベスト(コスト面で)

4Kスローモーションの撮影機会の頻度を考えると、SDXC V90を買って、スローモーション撮影はFHD 120pまででおこなうのが最も経済的です。

a7S3の場合、All-I 4K60pで600 Mbps。1時間の録画で270 GBも使用します。(計算方法の詳細は下記リンクにて)

270 GBものデータをCFexpressカードで記録しようとするとかなりコストがかかりますから、あくまでも4K120pを撮らないのであれば、V90のSDXCカードのほうがコスト面では優れています。カードリーダーを買い足す必要もありませんからね。
かと言ってV90のSDカードも高いですからちょっと躊躇しますよね・・・私的には、頭では分かっていても値段でちょっと抵抗がある(笑)

でも使いやすさとコストの両面から見てもV90のカードを買った方が圧倒的に得なんですよね。動画編集においてはPCのパーツを買い換えるくらいの効果があります。
ソニー製はこちら。

でもV90であれば別にソニー製のメモリーカードである必要はありません。私が調べたときはこちらが1番安かった。↓↓↓

256 GB以上のSDカードについてはこちらでまとめてみました。

CFexpress VPG200以上

VPGはVideo Performance Guarantee(動画品質保証)の略です。
a7S3において、CFexpress Type Aカードを使ってXAVC S-I 4Kのモードで記録する場合にはVPG200以上の必要があります。
VPGにはVPG200やVPG400があります。

  • VPG200(連続書き込み速度の最低速度200 MB/sを保証)
  • VPG400(連続書き込み速度の最低速度400 MB/sを保証)

VPG400は必要か?

VPG200が必要なのは確かですが、VPG400は必要なのか?

結論から言うと、少なくともa7S3に限った話であれば不要のようです。
Sony a7S3のALL-I 4K 120p記録時のビットレートは約1300 Mbpsで、MB/s換算では162.5 MB/sになります。

つまり162.5 MB/s < VPG200なので、VPG200でも必要な速度を充分満たせているということになります。また、公式ページでもVPG400を必要とする話は見つけられませんでした。

ただまぁ、価格の話を抜きにすれば、より余裕や安定性を持たせたかったり将来の製品でも転用が利くようにVPG400を買うのも決して間違いではありません。(価格の話を抜きにすれば)

4K120pを撮りたいならCFexpressカードを買った方が得

XAVC S-I 4Kに限った話であればSDXC V90とCFexpressカードのどちらでも良いのですが、XAVC S-I記録でフレームレート120p以上の設定時はCFexpress Type Aメモリーカード(VPG200以上)が必要です。もし4K120p映像を撮りたいのであれば結局はCFexpress Type Aメモリーカードが必要になりますから、最初からCFx type Aを買っておいたほうが得です。価格は高いですが、買い直すよりはマシでしょう。ただ値段が値段ですからね・・・買うにしてもしばらく様子を見るのも良いかもしれませんね。

VPG200の製品はa7S3発売前の市場では見つかりませんでした。より高性能なVPG400はこちら。2020年10月9日発売。↓↓↓

4K120pのデータ量

上でも触れましたが、4K120pではビットレートが1300 Mbpsです。
1時間の撮影で約585 GB、1分でも約10 GBものデータ量になります。(やばい)
これを踏まえて容量を選択しましょう。

ちなみにカードリーダーはこちら。こちらも2020年10月9日発売。