フレンチドア冷蔵庫を買う時に気を付けるべきポイント3つ(簡潔に)

冷蔵庫

観音開きタイプ(フレンチドア)の冷蔵庫を買うときのポイント、知っておくべき点をなるべく短く簡潔にお教えします。

本体幅は650 mm以上

フレンチドアの冷蔵庫で650 mm未満の製品は見かけません。あんまり幅が狭いと扉部分の収納力が低下するためでしょうね。幅の狭い冷蔵庫にフレンチドアは構造的に不利です。

なので、フレンチドアの冷蔵庫=650 mm以上は幅が必要だと覚悟してください。また、自宅の冷蔵庫の設置スペースを確認してください。

設置スペースの幅に注意

通常、両側面はそれぞれ10 mm(1 cm)は空ける必要がありますから、床ぎりぎりで測ったときに最低でも670 mmは必要ですね。

でももっというと、700 mmくらいは必要です。なぜかというと、これはフレンチドアに限った話ではありませんが、ドアを開けた時に吊り元側の角が少し横側に飛び出すからです。大抵のメーカーや製品では、両サイドで各20 mmずつくらい確保することを推奨しています。設置した時だけではなく、実際に開閉しても支障がないか検討しましょう。各製品のカタログの後ろの方に載っています。

また、670 mmという寸法は、物理的にギリギリ入るというだけであって、設置可能とは限りません。設置可能かどうかは、搬入経路も含めて業者さんに下見にきてもらうのが1番確実です。とは言え、我が家の場合でも700 mmの幅に680 mmの冷蔵庫を入れられました。(フレンチドアではありませんでしたが、要領は一緒です。)

容量の目安

もう1つ押さえたいのは容量です。
フレンチドア=幅650 mm以上で幅広ですから、容量は必然的に430 L以上になります。それ以下の容量のフレンチドアは無いんです。(業務用の特殊な例を除けば別ですが。)

なので、「1人暮らしでフレンチドアがほしい!」と考えるのはちょっと大きすぎる気がします。

予算目安

最安でも9万円後半です。6万円台、7万円台のものはありません。(執筆時)

最安で10万円、普通で15万円前後くらいが一般的です。

冷蔵庫の購入を考えている方はよかったらこちらも併せてお読みください。フレンチドアに限らず、冷蔵庫全般について書いています。↓