2人暮らし、左右開きの冷蔵庫のオススメ(2020年)

2019年10月4日

このページでは、2人暮らし程度の家庭に最適な冷蔵庫を紹介します。このページで紹介する冷蔵庫はこんなの。

  • 左右どちらからでも開けられる左右開きタイプ、左右両開きタイプ。(観音開きではない)

  • 冷蔵庫をフル活用する2人暮らし~3人暮らしの家庭用冷蔵庫。(主に350 L~400 L前後)

  • ランニングコストまでトータルで意識したもの。

ちなみに左右開きを販売しているのはシャープだけです。詳細は下記リンクの左右開きの項目を見てください。(リンクを踏めばその項目部分まで移動するようにしてあります)

新しく冷蔵庫を設置する際には床を保護する専用の保護マットの使用をオススメします。

シャープ SJ-GT42D 415 L

415 Lのこの冷蔵庫は3人暮らし以上で使っている人も多く、2人暮らしにしては大きいですが、セール品を冷凍庫で買いだめしたり、1週間分の料理を作り置きしたり、ビールを沢山冷やしたいならこれくらいあったほうがストレス無く使えます。

概要

詳細
メーカー 型番 容量 消費電力 年間電気代 開き勝手 発売日目安 寸法 自動製氷
シャープ SJ-GT42D 415 L 260 kWh 7020円 左右開き 2017年11月 幅600 mm
奥行き699 mm
高さ1820 mm
有り

SJ-W351EやSJ-W411EよりもSJ-GT42Dを買うべき

2019年夏現在、市場で見られるシャープ製冷蔵庫には同程度のサイズがいくつかあります。

  • SJ-W351E(2018年11月モデル、350 L
  • SJ-W411E(2018年9月モデル、412 L
  • SJ-GT42D(2017年11月モデル、415 L

でもSJ-GT42DSJ-GT42Eを買うべきです。SJ-W351Eと比較したその理由を箇条書きにします。

  • 設置寸法はほぼ同じ。(幅600 mmはどれも同じ、奥行きも30 mm大きいだけ。その代わり高さが130 mm高い。

  • 電気代が年間で2160円も安い。20年間で4万3200円も違う。

  • 本体価格はこのSJ-GT42Dのほうが5万円ほど高いが、長期の電気代も含めると大差が無いし、こっちのほうが65 Lも大容量で部屋数も多い。

  • しかもSJ-GT42DSJ-GT42Eは自動製氷、プラズマクラスター機能、新鮮冷凍、おいそぎ冷凍などの機能がついている。

なので、初期費用さえ問題なければ総合的にはこっちのほうが断然買いです。

カラーはピュアホワイトがオススメ

白は日本の一般住宅で無難に映えます。グラデーションレッドも綺麗で人気があるようですが、指紋やホコリがとても目立ちますし、部屋との相性も難しいことが多いんです。また、圧迫感もあります。我が家ではグラデーションレッドを使っていますが、やっぱりそう感じちゃいますね。

SJ-GT42DとSJ-GT42Eの違い

2019年現在、市場で見られるSJ-GT42シリーズには、主に2種類あります。

  • SJ-GT42D(2017年11月モデル、旧型)

  • SJ-GT42E(2018年11月モデル、新型)

何がどう違うのか、表にします。

SJ-GT42DとSJ-GT42Eの性能比較
機種 発売時期 年間電気代 省エネ達成率 重量 カラー
SJ-GT42D 2017年11月 7020円 90%(2021年度) 89 kg 3色
グラデーションレッド
メタリックブラウン
ピュアホワイト
SJ-GT42E 2018年11月 8046円 103%(2021年度) 81 kg 2色
グラデーションレッド
ピュアホワイト

なぜこんなに電気代が違うのか。電動機とかの性能が違うのかな?とも思ったのですが、電動機90 W. 電熱装置143 Wは一緒でした。

新モデルのほうがなぜ7 kgも軽いのでこれが要因(たとえば断熱材が違うとか)だとは考えられますが、明確な理由は突き止められずにいます。

パッと見では、旧型のSJ-GT42Dのほうが高性能に見えますので、ここではSJ-GT42EよりもSJ-GT42Dを推したいと思います。

シャープ SJ-W351E 350 L

概要

詳細
メーカー 型番 容量 消費電力 年間電気代 開き勝手 発売日目安 寸法 自動製氷
シャープ SJ-W351E 350 L 420 kWh 11340円 左右開き 2018年11月 幅600 mm
奥行き660 mm
高さ1690 mm
無し

短期使用に向いている

この冷蔵庫の年間電気代は11340円とかなり高いので長年使うならこれを買うなって上で言いましたけど、本体価格が6万円台という安さは優秀です。例えば4,5年程度で買い換えるとか、数年で引っ越す予定があってその時に手放すつもりならこの製品はうってつけです。

ここでは2~3人暮らしでも使える冷蔵庫を紹介しましたが、3人暮らしでもガッツリ使いたい家庭~4人暮らしなら450 L~500 L以上のほうがいいでしょう。