加湿空気清浄機(気化式)のオススメ3選(コスパ重視と性能重視)

2018年10月21日空気清浄機, 加湿機

気化方式(ヒーターレスファン方式)の加湿器、あるいは加湿空気清浄機のオススメ製品をコスパ重視、性能重視でそれぞれ紹介します。

ヒーターレスファン方式をおすすめする理由

気化方式(ヒーターレスファン方式)をオススメする理由は次の点にあります。

デメリットが少ない

ヒーターレスファン方式のデメリットは主に2つです。

デメリット1. 雑菌が繁殖することがある

給水タンクの水を放置すると、雑菌が繁殖します。スチーム式とは違い、気化式は加熱しないからです。
でも通常、タンクには雑菌を抑制するカートリッジが付属しています。

デメリット2. 急速に加湿できない

スチーム式ほどは急速に加湿出来ません。

でも私は急速な加湿は不要だと考えます。加湿を急速にしたいなら、暖房も急速にするべきです。そうでないと結露をするからです。でも急速な暖房は電気代・ガス代が高くなります。
省エネを考えている多くの人は弱で運転すると思います。なので、それに応じて加湿もゆっくりでもいいのではないかと、個人的には考えます。

ここに上げたデメリットはメリットにもなりえます。以下で説明します。

火傷しない

ヒーターレスファン方式は、タンクから供給した水でフィルターメッシュを湿らせて、そのメッシュを回転させながら風を当てて水を気化させる方式です。
扇風機の前に濡れタオルをぶら下げているようなものです。

なので、スチーム式の加湿器とは違い、排出口から熱い水蒸気が出ないため火傷しません。

過加湿が起こりにくい

気化方式のデメリットは急速に加湿できないことです。
でもこれはメリットでもあります。スチーム式のように強制的に加熱で蒸気化させるわけではないので、部屋が潤い過ぎてジメジメすることがありません。
部屋が潤って空気中の水分が多くなると、濡れたフィルターに風を当てても水が蒸発しにくくなるからです。逆に空気が乾燥している時は水蒸気の放出量が増えます。とても理にかなった原理です。

超音波方式のようにカルキが飛散しない

超音波方式の加湿器が出しているのは水蒸気ではなく、霧(きり)です。この霧には水道水のカルキ成分も含まれていて、空気中に飛散したり、家具や床に付着、堆積して白い粉として現れます。

掃除をすればいいだけかもしれませんが、やはり少しイヤな印象があります。

赤ちゃんやペットは床と顔が非常に近い

超音波方式の加湿器で出たカルキは掃除すればいいだけかもしれませんが、赤ちゃんはハイハイで接触するし、ペットだって常に床に近いところで生活しているので、健康に気を使うのであればヒーターレスファン方式やスチーム方式のほうがいいでしょう。

でもスチーム式は火傷のリスクがあります。これらを総合に考えて、私はヒーターレスファン方式を推奨します。
以下でオススメを紹介します。

空気清浄機の方式

ここで紹介している空気清浄機能の方式は次の2つのどちらかです。

ファン式(フィルター式)

現在主流のタイプ。
ファンで空気を吸い込んでフィルターを通し空気中の粒子をフィルターでキャッチする方式。

排気口からは綺麗な空気が出ます。空気清浄能力は優れているのが最大のメリットです。

ただしデメリットは2つあります。本体サイズと消費電力が大きいこと、ファンを使用しているので騒音が出やすいことです。

電気集塵式(プラズマ式)

業務用の加湿空気清浄機に使われている方式。家庭用でも最高級機に採用されているタイプです。

取り込んだ空気に電気を放電して空気中の粉じんを集めます。 放電でプラズマが発生するのでプラズマ式とも呼ばれます。

加湿器、空気清浄機の各方式の違いなどについては下記を参照してください。

性能重視・大きい家には「ダイキン MCK70U」

加湿 ストリーマ空気清浄機 MCK70U

メーカー公式ページ。

スペック詳細

風量、各電気代、別売りパーツの価格などの詳細一覧ページ。

製品詳細
項目 詳細
品番 MCK70U
タイプ 加湿空気清浄機
最大適用床面積 空気清浄:31畳 / 加湿:洋室18畳
PM2.5対応
花粉モード
加湿
除湿
脱臭
タイマー
タンク容量 3.6 L
加湿量/h 650 ml
発売日 2017年11月17日
製品の各方式
各方式 詳細
加湿方式 気化式(ヒーターレスファン方式)
空気清浄方式 TAFUフィルター(電気集塵方式と同等の性能)

ツインストリーマユニットでフィルターが常に清潔

水トレイに銀イオン剤を搭載して、細菌を抑制するのに加えて、2つのストリーマユニットで加湿フィルターを照射して除菌をするのでとても衛生的です。

スマートフォンアプリで遠隔操作も可能

専用のスマホアプリを使えば、外出先でも部屋の状況を知ることができ、遠隔操作でON/OFF、タイマー設定なども可能です。
エアコンにも遠隔操作を導入すれば、帰宅までに快適な空間を作ることができます。

遠隔操作対応のエアコンについてはこちらを参考にしてください。

MCK70Uのクチコミ評判の要約

  • 自分では臭いと思わないオナラにも自動的に反応する。
  • 脱臭フィルターから化学臭がしたから交換してもらった。
  • 花粉症対策で購入し、性能に大変満足している。
  • 弱運転なら非常に静かなので寝室に置いても問題ない。

性能重視・大きい家には「パナソニック F-VXP90」

パナソニック F-VXP90

メーカー公式ページ。

詳細(スペック)

風量、騒音、消費電力、寸法などの一覧表。

製品詳細
項目 詳細
品番 F-VXP90
タイプ 加湿空気清浄機
最大適用床面積 空気清浄:40畳 / 加湿:洋室24畳
PM2.5対応
花粉モード
加湿
除湿
脱臭
タイマー
タンク容量 4.0 L
加湿量/h 870 ml
発売日 2017年9月15日
製品の各方式
各方式 詳細
加湿方式 気化式(ヒーターレスファン方式)
空気清浄方式 フィルター方式(HEPAフィルタ

↓の動画は2018年モデルのF-VXR90です。ここで紹介しているF-VXP90の次のモデルです。参考程度に見てください。なぜ私が旧式を勧めるかというと、新型は発売直後の値段が高く、旧型のほうが値段が1/2近く安いからです。

ナノイーXを搭載

  • ナノイーX
  • エコナビ
  • メガキャッチャー

この製品はただの加湿などに加えてパナソニック独自のテクノロジー・機能を使えます。一番うれしいのはナノイーXです。ナノイーXを搭載しているのは高級機種だけです。

ナノイーXはナノイーよりも高性能で、タバコの脱臭スピードがナノイーの約10倍です。ちょっとしたニオイにもすぐに気付いてしまう鼻が優れている人はナノイーXの方が満足できるかもしれません。

加湿量がずば抜けて高い

小型製品だと400 mlなどもザラにありますが、この製品の加湿量は870 ml/h、1時間で870 mlの水を放出できます。

家が広いと、小さいのを使ってもたぶん効きが悪い、湿度が上がるのに時間がかかります。大きな部屋や大きなリビングを持つ邸宅ならこれくらいの性能があった方がいいでしょう。
性能だけで言えば1位、2位でもいいのですが、庶民目線としては価格面で3位とさせて頂きました。

F-VXP90のクチコミ評判の要約

  • 見た目もいいし、パネル表示が分かりやすい。
  • メンテナンスが楽。強いて言えば、フィルターを掃除するタイミングを知らせてくれたら助かる。
  • 運転時の騒音は強運転でなければほぼ無い。静音性は優れている。
  • ブラウンの木目調のモデルは高級感があり、落ち着いた部屋にもマッチして良い。
  • デザイン性も性能もトップレベルだと思う。

コスパ重視なら「シャープ KC-G50」

シャープ KC-G50

メーカー公式ページ。2016年モデル。

シャープ KC-H50

メーカー公式ページ。2017年モデル。

製品詳細
項目 詳細
品番 KC-G50
タイプ 加湿空気清浄機
最大適用床面積 空気清浄:23畳 / 加湿:洋室14畳
PM2.5対応
花粉モード
加湿
除湿
脱臭
タイマー
タンク容量 2.5 L
加湿量/h 500 ml
発売日 2016年10月20日
製品の各方式
各方式 詳細
加湿方式 気化式(ヒーターレスファン方式)
空気清浄方式 フィルター方式(HEPAフィルタ

新KC-H50と旧KC-G50の違い

この2つの製品はそれぞれ1年違いのモデルですが、とても似ています。KC-H50の方が新しいので、新モデルにこだわりたい人はこちらがいいでしょう。でも私は2016年モデルのKC-G50を推奨します。個人的な感想としては、極端な違いがあるわけでもないし、型落ちで価格が安いからです。

プラズマクラスター7000を搭載

  • プラズマクラスターNEXT
  • プラズマクラスター25000
  • プラズマクラスター7000

プラズマクラスターにはグレードがあり、プラズマクラスター7000は一番下のグレードです。こう言うとショボく聞こえるかもしれませんが、効果は沢山あります。
効果や詳細についてはシャープの公式ページを参照してもらったほうが早いでしょう。
濃度が上がれば効果も上がるプラズマクラスター空気清浄機の空気浄化力|シャープ公式ページ

タンクのキャップに簡単に装着できる「Ag+イオンカートリッジ」がある

ヒーターレスファン方式のデメリットの1つは「タンクや水に雑菌が繁殖しやすい」ことです。でもこの製品の給水タンクには銀イオンの「Ag+イオンカートリッジ」を取り付けることができるので、菌を抑制することができます。
このカートリッジは2017年モデルのKC-H50でも2016年モデルのKC-G50でも同じ型式「FZ-AG01K(1個売り:FZ-AG01K1、2個売り:FZ-AG01K2)」です。市場では1個800円~1000円で売っています。