自宅の電気が200V対応かを確認する方法

自宅の電気が200Vに対応しているかを確認するには、方法分電盤(ブレーカー)を確認してください。ポイントは次の3つです。

昔に比べると、最近は割と既に対応している家が多いと思います。

ポイント1. 元線は3本あるか?

赤、白、黒の3本の線

単相3線式で、赤、白、黒の3本の線が壁から出ていればOKです。

ポイント2. 契約電気容量は30 V以上か?

この画像だと60Aの記載がある

大元の「赤、白、黒の3本が繋がっているボックス」の数字が30A以上ならOK。30Aとか40Aとか60Aとか。

ポイント3. エアコン専用回路や予備回路はあるか

回路が確保されていて、分電盤にラベルで明記されていれば確実です。ちゃんと表記してある場合はわかりやすくて助かりますね。

この画像だと右端に配線の無い2つの空きがある

分電盤を見てもエアコン専用回路が確保されているか不明な場合でも、空きの回路があればそれでOKです。

上記のポイント3つがすべて満たされているかを確認してください。

それでも分からない場合

分電盤を見ても分からない場合、分電盤の型番を調べたり、既存のエアコンが200Vかを確認するのもひとつの手段です。